コンテンツへ移動
西市民病院 藤本あずさ・白鳥美佳

教育制度

プリセプターとプリセプティ両者に、神戸市民病院機構での
「学び」「成長できたこと」「これからの目標」などについて聞いてみました。

一緒に成長する、充実の教育システム

新人教育の中心は、所属部署のOJTです。所属部署では、プリセプター、教育担当者が、新人の成長に合わせて指導を行っていきます。いろんな不安や悩みを抱え込む時期だからこそ、師長、主任、スタッフ全員でサポートします。臨床判断ができ、患者・家族に寄り添える看護師として成長できるよう共に頑張りましょう。

画像:教育システム

神戸市民病院機構のクリニカルラダー

  1. レベルⅠ:必要に応じ助言を得て看護を実践する
  2. レベルⅡ:標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
  3. レベルⅢ:ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する
  4. レベルⅣ:幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する
  5. レベルⅤ:より複雑な状況において最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する

画像:クリニカルラダー


3年間の基礎教育プログラムを通じて、
「臨床実践に強いナース」を育成

1ヶ月に1回程度開催

1年目

看護師としての基礎を習得する

  • 専門職としての基本的姿勢と態度を身に付ける
  • マニュアルに基づき、安全で確実な看護を実践できる
  • 自己の感情表出ができ、適切なストレスマネジメントのもと、患者・家族および職場において、良好な人間関係を構築する
画像:BLS研修の様子
BLS
画像:スキルトレーニング(採血)の様子
スキルトレーニング(採血)
画像:感染管理研修の様子
感染管理研修
画像:酸素療法研修の様子
酸素療法研修
画像:多床室受け持ちトレーニングの様子
多床室受け持ちトレーニング

「基礎教育プログラム」3つの特徴

  • 勤務の中で研修を実施しています
  • 経験豊富な当院のスタッフが親身になって指導します
  • 院内ですべての研修が完了します

1年目の基礎教育プログラム

2年目

1年目を振り返りながら視野を広げていく

  • 自己の看護実践を振り返り、対象を多角的視点から理解
  • 急変時対応や急性期看護の知識と技術を習得
  • 他者理解ができ、相手の意思を尊重したアサーティブコミュニケーションについて学ぶ
  • リーダーおよびプリセプターの役割と機能について知る
画像:ICLS研修の様子
ICLS研修
画像:スキルトレーニング(フィジカルアセスメント)の様子
スキルトレーニング(フィジカルアセスメント)

3年目

リーダーとしての素地を磨く

  • 看護計画に基づいた看護が実践でき、振り返って整理することで、看護や自己の看護観を追求できる
  • 会議やカンファレンスの主体的な運営について学ぶ
  • リーダーシップについて学ぶ
画像:ケースレポート発表の様子
ケースレポート発表
画像:スキルトレーニング(人工呼吸管理)の様子
スキルトレーニング(人工呼吸管理)

教育プログラム ※平成27年度中央市民病院研修計画

1年目 2年目 3年目
4月 スキルトレーニングⅠ
5月 NST・スキルトレーニングⅡ コミュニケーションⅢ 看護観Ⅲ・スキルトレーニングⅧ
6月 コミュニケーションⅠ
7月 看護記録・リフレッシュ研修 周手術期看護 コミュニケーションⅣ
8月 スキルトレーニングⅢ スキルトレーニングⅣ・Ⅴ
9月 ICLS研修 スキルトレーニングⅨ・看護観Ⅳ
10月 医療安全・感染防止 スキルトレーニングⅥ
11月 スキルトレーニングⅣ 看護観Ⅴ(ケースレポート)
12月 コミュニケーションⅡ スキルトレーニングⅦ
1月 BLS研修 リーダーシップ研修Ⅰ
2月 看護観Ⅰ リーダーシップ研修Ⅱ
3月 看護観Ⅱ

ページ先頭へ戻る