コンテンツへ移動
教育・研修
西神戸医療センターインタビュー
Education & Training
プリセプターとプリセプティ両者に、
神戸市民病院機構での「学び」「成長できたこと」「これからの目標」
などについて聞いてみました。

プリセプター

西神戸医療センター 2016 年入職
大阪保険福祉専門学校卒業

自分にとってプリセプティは、
一緒に成長していける存在です。

私は今年初めてプリセプターになりました。自分自身、まだまだ未熟な部分が多いのでプリセプティと一緒に振り返りを行うことによって学ぶことも多いです。自分にとってプリセプティは、一緒に成長していける存在です。Oさんは毎日休まず、元気に出勤してくれています。患者さんに対して、いつも笑顔で丁寧に接しているところが素晴らしいです。プリセプティにとって初めての夜勤のとき、長い勤務時間の中で一緒にスケジュールを立て、日勤の部屋持ちよりも多い患者さんのケアを行ったことが思い出に残っています。困ったことやわからないことはすぐに相談してくれるので、こちらも迅速に対応することができます。今後も一緒に学びを深めて、ともに成長できるように頑張っていきたいです。

プリセプティ

西神戸医療センター 2018 年入職
徳島県立富岡東高等学校羽ノ浦校卒業

「次はもっと頑張ろう」と、
思わせてくれる存在です。

Nさんは、勤務が一緒の日は何度も「大丈夫?」と声をかけくれます。落ち込んでいるとすぐに声をかけてくれ、話を聞いてくれます。不慣れなことが多くしんどいときもありますが、プリセプターの言葉で心が救われています。うまくできないことがあっても、「次はもっと頑張ろう」と思わせてくれる存在です。私は慌ててバタバタと走り回っていることが多いのですが、先輩はいつも落ち着いていて冷静に対応しているところがすごいと思います。夜勤が徐々に始まり、今は業務の流れに慣れることで精一杯の毎日ですが、回転の速い急性期病棟の中でも、一人ひとりの患者さんに寄り添う看護を実践できるようになることが目標です。入院時から退院後を見据えて、広い視野を持って患者さんと関われるようになりたいです。

その他

各病院サイトに移動する

地方独立行政法人
神戸市民病院機構 法人本部
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2 丁目2 番地 神戸市立医療センター中央市民病院 南館3 階
TEL:078-940-0381|FAX:078-306-2870
友だち追加