コンテンツへ移動

基本理念

地方独立行政法人神戸市民病院機構の役割は、市民の立場に立って、人間性豊かであたたかく、質の高い医療を安全に提供することにより、市民の生命と健康を守ることにあります。地方独立行政法人神戸市民病院機構は、市民の信頼に応えるため、より多くの市民に効率的に医療を提供することに努めます。

看護理念

私たちは「市民の生命と健康を守る」という使命のもと
最適な医療を提供するために誇りをもって看護を提供しています。
最高水準の知識・技術・経験を得られる
神戸で最高に輝くナースを目指してみませんか。

看護部長のご挨拶

中央市民病院

副院長兼看護部長

藤原のり子

癒しと安らぎの中で、患者さん中心の
質の高い看護を

神戸市の基幹病院として患者中心の質の高い医療を提供するために、断らない救急医療と高度先端医療に取り組んでいます。看護職はこれから高度な医療に対応するため、必要な能力を維持・向上するように努めています。新規採用者のみなさんは集合研修や部署教育の中で、先輩看護師の支援を受けながら一歩一歩成長できます。急性期医療の中で看護の楽しさを知り、ともに成長しましょう。
西市民病院

副院長兼看護部長

別府清香

地域とつながる、患者さんとつながる。
患者さんに寄り添う看護を届けます。

西市民病院は神戸で最も高齢化率が高い神戸市街地西部にあります。病床数は358床でスタッフの顔も覚えやすい規模です。それだけに私たちは、一人ひとりの患者さんに寄り添う心のこもった看護の提供を心がけています。時につらいこともありますが、共に乗り越え、共に頑張っていける人を私たちは歓迎します。最初の一歩から先輩たちがあなたたちをサポートします。
西神戸医療センター

副院長兼看護部長

濱本カナコ

嬉しいことや悲しいこと、辛いことにも
患者さんに向き合える真摯さを大切にしています。

神戸西地域において、高度医療・急性期医療を提供する中核病院として、また地域のがん診療連携拠点病院として、様々な患者さんに安心して治療に臨んでもらえる体制を整えています。その中でも、特に私たちは意思決定の支援に力を入れています。皆さんは、今は進む道がぼんやりとしか見えないかもしれませんが、大丈夫。私たちは、日々の看護の中で、やりがいや充実感を得られるように全力でサポートしていきます。

神戸市民病院機構が育てたい看護職員像

その他

各病院サイトに移動する

地方独立行政法人
神戸市民病院機構 法人本部
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2 丁目2 番地 神戸市立医療センター中央市民病院 南館3 階
TEL:078-940-0381|FAX:078-306-2870
友だち追加