コンテンツへ移動
教育・研修
専門・認定看護師からのメッセージ
Education & Training

専門・認定看護師のリアルボイス。
スペシャリストたちに聞きました。

先輩からのメッセージ

急性・重症患者看護専門看護師
西市民病院
4階病棟(救急・HCU)

瞬時の判断と対応が求められる急性期看護。現場で看護師の相談に乗れる存在になりたいと思いました

  • Q1:資格取得を目指した理由を教えてください
  • A1:急性期看護に携わる中で、病棟に常に医師がいるわけではないため、看護師の臨床判断や対応が重要になってくると感じました。 そのような状況下で、看護師の相談に乗れる存在の必要性を感じ、自分がその役割を担えたらと思うようになりました。 また、さまざまな分野の経験を積み上げるジェネラリストよりも、ひとつのことを深めたいという思いもあり、専門看護師を目指しました。
  • Q2:資格取得のための勉強や研修などで苦労した点、とくに努力した点は?
  • A2:修士論文や実習に取り組む中で、自分自身の考え方の浅さや身につけなければならない能力が山のようにあることを実感しました。 急性期看護について知識を深めることはもちろんですが、専門看護師としてやっていくには自分自身と向き合い続けることが大切であると強く感じました。
  • Q3:資格を実際の仕事にどのように生かしていますか?
  • A3:資格取得後はチーム活動で専門看護師の役割を開発していましたが、現在は育児休業明けということもあり、現場での実践が中心です。 日々の実践の中でスタッフから相談を受け、ケアの方法をアドバイスしたり、看護師が看護に自信を持てるようにサポートしたりしています。 さらにその中で共通する問題点を見出し、院内教育に生かすことで全体の問題解決につながるよう考えながら活動しています。
  • Q4:看護学生へのメッセージ
  • A4:初めは知識も自信もなくて苦労するかもしれませんが、看護は人と人との関係性の中にあると思います。 知識や技術を磨いたり、「病気」だけを看たりするのではなく、「病人」として患者さんやその家族を看護してみてください。それができればきっと楽しい仕事になると思います。

その他

各病院サイトに移動する

地方独立行政法人
神戸市民病院機構 法人本部
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2 丁目2 番地 神戸市立医療センター中央市民病院 南館3 階
TEL:078-940-0381|FAX:078-306-2870
友だち追加