コンテンツへ移動
教育・研修
専門・認定看護師からのメッセージ
Education & Training

専門・認定看護師のリアルボイス。
スペシャリストたちに聞きました。

先輩からのメッセージ

急性・重症患者看護専門看護師
中央市民病院
G-ICU、HCU

認定試験前の半年は勉強と仕事を両立。職場の上司や同僚たちの支えがあって乗り越えられました

  • Q1:資格取得を目指した理由を教えてください
  • A1:新卒で当院に入職し、ICU勤務となって4年が経った頃、終末期を迎える患者さんと家族の意思決定の場面で私は何もできませんでした。 一緒に働いていた急性・重症患者看護専門看護師の主任が患者さんと家族の相談に乗り、ケアしている姿を見て、私もあのような看護ができるようになりたいと思ったのがきっかけです。
  • Q2:資格取得のための勉強や研修などで苦労した点、とくに努力した点は?
  • A2:大学院では英語論文を用いて学ぶため、英語が必須で苦労しました。 また、大学院を卒業してから認定試験までの半年間は働きながら勉強するのが大変でしたが、職場の上司、同僚たちのサポートのおかげで乗り切れました。
  • Q3:資格を実際の仕事にどのように生かしていますか?
  • A3:ICUで重症な患者さんやその家族へのケアを行うほか、ICUの看護師の教育を行い、看護の質の向上に努めています。 また、院内のRSTメンバーとして呼吸ケアの向上にかかわったり、医師や多職種と連携してICUから一般病棟に転棟した患者さんのフォローも行っています。
  • Q4:看護学生へのメッセージ
  • A4:重症な患者さんが多く、大変なこともありますが、学べることはとても多いです。 また、当院は教育体制が充実しており成長できる環境です。 みなさんと一緒に働くことができる日を楽しみにしています。

その他

各病院サイトに移動する

地方独立行政法人
神戸市民病院機構 法人本部
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2 丁目2 番地 神戸市立医療センター中央市民病院 南館3 階
TEL:078-940-0381|FAX:078-306-2870
友だち追加