コンテンツへ移動

Real Voice from 専門・認定看護師 [ 松村さん ]

重症集中ケア看護認定看護師

重症の患者さんに対して予測を持って重篤な状態を回避する対応ができたときに、認定看護師としてのやりがいを感じます

中央市民病院 | 4階西病棟
松村さん

Q1 :資格を目指した理由を教えてください

A1 :新卒で配属された部署がICU/CCUでした。一通りの業務が担えるようになり、新人教育を担当するようになったとき、病態整理や治療、日々行っている看護の根拠を学び直し、後輩に伝えられるようになりたいと思い、研修受講を希望しました。


Q2 :資格取得のための勉強や研修などで苦労した点、とくに努力した点は?

A2 :日々経験する疾患や治療についての学習を深めました。私が受講した当時は今のように治療・クリティカルケアに関する本、雑誌も多くはなかったので、医学書を読みました。研修では他の研修生とともに、慢性期の看護の文献から急性期に応用できるものや方法を考え、臨床に戻って実践しようと話し合いました。


Q3 :資格を実際の仕事にどのように生かしていますか? 活動内容を教えてください

A3 :当院は急性期病院であり、院内のどの部署にあっても重症な患者さん、重症化しそうな患者さんがおられます。予測を持って重篤な状態を回避できるよう対応しておくことができたとき、重症集中ケア看護認定看護師としてのやりがいを感じています。


Q4 :看護学生へのメッセージ

A4 :当院には多くの認定看護師、専門看護師のほか、良い看護を提供するために学ぼうとする看護師がいます。そして、そのような人たちを応援する病院です。私たちの仲間となって学び、実践し、成長していきましょう。

ページ先頭へ戻る