コンテンツへ移動

Real Voice from 専門・認定看護師 [ 荒木さん ]

急性・重症患者看護専門看護師

資格取得の勉強はまさに“自分自身との闘い”。自身の行動や思考を振り返り、課題を見つけて取り組みました

西市民病院 | 救急病棟・集中治療室
荒木さん

Q1 :資格を目指した理由を教えてください

A1 :救急病棟や集中治療室で闘病される患者さんやご家族をより深く知りたい、そしてその方の大切にされていることや考えを治療やケアに活かせる力を付けたいと思い、資格取得を目指しました。


Q2 :資格取得のための勉強や研修などで苦労した点、とくに努力した点は?

A2 :一言でいうと、まさに“自分自身との闘い”でした。自分自身の行動や思考を振り返り、自分の課題を見つけて取り組んでいく作業に時間を費やしました。


Q3 :資格を実際の仕事にどのように生かしていますか? 活動内容を教えてください

A3 :所属する部署での活動が中心ですが、ときには所属する部署以外での困りごとを共に考えています。急性期治療を受ける急性重症高齢患者さんの、食べること、寝ること、活動すること、息抜きすること、ホッとできる時間を作ることについて、仲間たちと考えています。
また、西市民病院で治療を受ける患者さんの特徴を踏まえながら、患者さんを看るために必要なフィジカルアセスメント研修について、教育委員とともに考えています。


Q4 :看護学生へのメッセージ

A4 :私はまだまだ未熟なので日々奮闘中です。一緒に急性重症高齢患者さんの、食べること、寝ること、活動すること、息抜きすること、ホッとできる時間を作ることについて考えてみませんか。

ページ先頭へ戻る