コンテンツへ移動
仕事の紹介
先輩看護師からのメッセージ
Working environment

丁寧に指導してくれる優しい先輩に囲まれ、人として、看護師として成長できる場所。
みんながあなたを待っています!

先輩からのメッセージ

西市民病院
4階病棟
2013年入職
岡山県立倉敷中央高等学校卒

救急部門でさまざまな疾患に対する知識や技術の習得に励んでいます

  • Q1:神戸市民病院機構を選んだのはなぜ?
  • A1:将来、訪問看護に携わりたいと考えています。そのためのさまざまな疾患への知識、必要な技術を習得できると思い、当院の救急部門を志望しました。 患者さん中心の“心のこもった優しさとぬくもりのある看護”を提供するという看護理念に惹かれたのも志望理由のひとつです。
  • Q2:神戸市民病院機構の看護師でよかった!と思うのはどんなとき?
  • A2:急性期の忙しい環境の中で、看護師同士のコミュニケーションや協力体制が充実していると感じます。 責任を持って患者さんを看ていくことももちろん大切ですが、1つのチームとして、継続的な一貫した看護ができることはとてもやりがいのあることだと思います。
  • Q3:患者さんのエピソードで、印象に残っていることは?
  • A3:受け持ちの患者さんがICU入院中に脳梗塞を発症し、不全麻痺になったことがあります。 ICUでの治療を終えた後、一般病棟に転棟し、退院が決まったことを聞きました。 退院日にあいさつに向かおうとしたら、患者さん自ら歩いてICUに来てくれました。元気な姿を見ることができて本当に嬉しかったです。
  • Q4:つらかったことや失敗したこと、またそれをどう乗り越えたかを教えて下さい。
  • A4:患者さんの病態に私の知識や技術が追いついていない時や、ミスをしてしまった時など、落ち込むことはあります。 そんな時はプリセプターや同期と話をし、励まされて乗り越えてきました。 また、自分ができるようになったことを自分で認めながら日々を積み重ねて、ここまで頑張ってこれたと思っています。
  • Q5:これから神戸市立医療センターの仲間になる皆さんへメッセージを一言!
  • A5:看護師になるのは大変ですが、正直、なってからも大変です。 やるべきことが多い仕事ですが、さまざまな人とかかわることができる職業なので、刺激も多い毎日です。 さまざまな人との出会いの中で看護観は変わっていきますが、その中で自分の意思をしっかり持つことが大切だと感じています。 みなさんと一緒に看護ができる日を楽しみにしています。

その他

各病院サイトに移動する

地方独立行政法人
神戸市民病院機構 法人本部
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2 丁目2 番地 神戸市立医療センター中央市民病院 南館3 階
TEL:078-940-0381|FAX:078-306-2870
友だち追加