コンテンツへ移動

Voice [ 藤井さん ]

子どもや家族としっかり向き合って看護ができる環境です

中央市民病院 | 3階西病棟
藤井さん 〈平成29年度入職〉
神戸市看護大学卒

Q1 :神戸市民病院機構を選んだのはなぜ?

A1 :小児科で実習をさせていただいた際、指導者さんから熱心な指導を受けたことや、看護師の患者さんに対応する丁寧な関わりを見て当院を選びました。


Q2 :神戸市民病院機構の看護師でよかった! と思うのはどんなとき?

A2 :もともと小児科を希望しており、入職後も子どもや家族に向き合う時間を多くとれるので、この病院を選んでよかったと思っています。


Q3 :患者さんとのエピソードで、印象に残っていることは?

A3 :長期入院となった子の受け持ちをしていた際、日々ご家族とコミュニケーションを取っていくうちに思いを話してもらえることが増え、訪室すると喜んでくださいました。退院が決まったときに「ここまで良くなると思っていなかったです」と、子と家族の笑顔を沢山見られたことがとても嬉しく、印象に残っています。


Q4 :つらかったことや失敗したこと、またそれをどう乗り越えたかを教えてください。

A4 :1年目の秋~冬頃は一人でメンバーとして動くことが増え、失敗や戸惑うことが多くありました。プリセプターさんが毎日振り返りをしてくださり、できたことや成長したことを認めていただけたことで、自信につながり頑張ることができました。


Q5 :これから神戸市立医療センターの仲間になる皆さんへのメッセージを一言!

A5 :よい良い看護を目指して、一緒に頑張りましょう!お待ちしています。

ページ先頭へ戻る